空振りをしてもペナルティは課せられませんが、スコア上では一打として数えられます。

MENU

ゴルフ基本的なルール

 

ゴルフのルールのイメージ画像

 

紳士のスポーツとして名高いゴルフは現在、日本だけでなく世界中で競技人口を増やし続けています。

 

現在では世界大会なども数多く開催され、プロフェッショナルと呼ばれるゴルフプレイヤーも数多く存在していますが、一般的に「アマチュア」と呼ばれるプレイヤーも時代と共に増加傾向にあります。

 

その理由としてはまず第一に「身体に負担を掛ける事なく競技を楽しむ事が出来る」という点が挙げられます。

 

ゴルフを簡単に説明するとゴルフクラブと呼ばれる用具で静止したボールを打ち、いかに少ない打数でカップ(穴)にボールを入れるかを競う競技です。

 

そのため、身体を動かすのはボールを打つ際の「スイング」、そしてボールが飛んだ先までの「移動時」のみとなります。

 

つまり、身体に大きな負荷を強いる事なく運動不足を解消できるスポーツとしても広く認知されており、最近では高齢者の間でもゴルフを新たに始めようと考える人が増えてきています。

 

また、ゴルフは他の競技とは違って基本的に「一人」でプレイする事になるので、対抗心よりも「集中力」や「精神力」、「自律」といったスキルがもっとも重要視されます。

 

そのため、ゴルフでは如何に自分との戦いに勝つかが非常に重要となります。

 

ゴルフの基本的なルールは先にも述べたように、如何に少ない打数でカップにボールを入れるかが重要になってきます。

 

ゴルフでは各ホールまでの規定の場所の範囲内にしかボールを打ち込む事が出来ない取り決めになっています。

 

もしこの規定の範囲内から出てしまった場合、ペナルティを課せられてしまいます。

 

たとえば山や林の中といった場所やウォーターハザードと呼ばれる「池」にボールが入ってしまった場合にはペナルティが課せられます。

 

さらに空振りをしてしまった場合は特にペナルティは課せられませんが、スコア上では「一打」として数えられるので注意が必要です。