ゴルフコースを回るには、平均で2時間ほどのプレイ時間が必要となります。

MENU

コースを回ってみよう!

 

ゴルフコース

 

ゴルフ初心者の人がルールを覚え、ある程度の技術を身に付けたら次のステップへ進むことになりますが、せっかくゴルフをプレイするのであればゴルフの打ちっぱなしや練習場ではなく「コース」を回ってみるのがオススメです。

 

ゴルフコースを回ると聞くと少し敷居が高いようにも感じられますが、最近では初心者向けのコースも増えてきていますし、格安のプランでコースを一日掛けて回ることが出来るゴルフ場も数多く存在しています。

 

そのため、初心者だからといってゴルフコースを体験する事に抵抗を感じる必要はまったく無いのです。

 

一般的なゴルフコースでは事前に予約をしておく必要がありますが、それ以外にも前日までに用意しておくべきアイテムが幾つかあります。

 

まず第一にキャップやグローブ、ティー、ボール、ボールマーカー、ゴルフシューズ、バックタグなどが挙げられます。

 

これらのアイテムはゴルフ場で必ず使用するものなので、たとえ初心者の人でもゴルフコースを回る場合は必ず事前に取り揃えておくことが大切です。

 

一般的にゴルフコースを回る際には平均で2時間ほどのプレイ時間が必要となります。

 

ゴルフ場に到着したらまずはキャディバッグを玄関で待機している人に手渡し、チェックインをしてロッカーキーを受け取ります。

 

ロッカールームで着替えを済ませ、貴重品がある場合はフロントに預けるか貴重品ボックスに収納します。

 

その後、スタート前の練習を軽く行ってから使用するボールの確認後、スタートホールの打順を決めたらいよいよプレイがスタートします。

 

このとき、ティインググランドでは二人以上立っているのはNGなので注意が必要です。

 

コース上でゴルフをプレイしていくと最終的にボールがグリーンへ乗るので、グリーン上にボールが到達したらボールマークをしてカップインを目指します。

 

ラウンドが終了したらクラブの確認や持参した用具の確認を行い、問題が無ければ入浴を済ませてから最後に精算をして終了となります。