クラブを握ってみたりスイングしてみたり、自分に合った重量やサイズを見極める事が大切です。

MENU

ゴルフクラブを買いに行こう!

 

買ったゴルフクラブ

ゴルフをこれから始めようと考えた時、まず真っ先に買い揃える必要が出てくるのが「ゴルフクラブです。

 

ゴルフクラブとはゴルフを行う上でもっとも出番の多い用具の事で、ゴルフをプレイする際にゴルフボールを打ち飛ばす為に使用する器具のことを指します。

 

ゴルフクラブには幾つかの種類やタイプが存在していますが、もっとも基本的なゴルフクラブに「パター」と「アイアン」、そして「ウッド」が挙げられます。

 

 

 

ゴルフをプレイする場合、まず最初に使用するゴルフクラブは「アイアン」になりますが、このアイアンは最初に飛距離が欲しいときに使用する重量のあるクラブです。

 

他のクラブに比べて先端のサイズが大きく重量がある為、ゴルフボールを打った際にかなりの飛距離を稼ぐことが出来ます。

 

アイアンを選ぶ際にはグリップの握り心地から重量、スイングした際の振り心地に至るまでこだわる事でストレスなく第一打に臨むことが可能となります。

 

 

 

次に「ウッド」についてですが、これは狙った所にゴルフボールを正確に打ち飛ばしたい時に使用するゴルフクラブです。

 

ウッドはアイアンに比べて先端が少しだけ軽量でサイズも小さいですが、その分コントロールを付けやすいのでどちらかといえば「中距離向けのクラブ」と言えます。

 

比較的、狭いゴルフコースであれば第一打でアイアンによる飛距離を稼いだ後、ウッドを使用してグリーンまでの飛距離を稼ぎつつ位置を調整したい場合に使用するのがオススメです。

 

 

 

そして最終的にゴルフボールがグリーンに乗り、カップが近づいてきたら「パター」と呼ばれるゴルフクラブを使用します。

 

パターは他のゴルフクラブに比べて先端の重量が軽く、サイズも小さく造られています。

 

その分、コントロールに特化した構造になっているため、グリーン上でゴルフボールを狙った位置に微調整したり、カップへボールを打ち込む際に使用する場合がほとんどです。

 

いずれのゴルフクラブも買い揃える際には握ってみたりスイングしてみたりする等、自分に合った重量やサイズを見極める事が大切です。

 

初めはゴルフスクールに教えてもらうのが◎